自然通信社のホームページへようこそ~。





5月の観察会は坂田が池とぼうそうの村を楽しむ予定です。






 
   時間は驚くほど早く過ぎていく。ゴールデンウィークも過ぎていこうとしているが、緊急事態宣言は
5月末まで延長が決定。
コロナウイルスは変異して、更に感染力を強めているとか。本当に手ごわいが、
それに立ち向かえない政府に医療崩壊、医療従事者の疲弊が広がるばかり。
ワクチン接種が始まるというが、さて、先ず予約が大変とか、すでに意気込みがそがれそうだ。
東京五輪まで2か月少々となり、しかしまるで先が見通せない。
そもそも東京に五輪を誘致という時点から反対だったし、
 安倊前首相の「アンダーコントロール《発言に呆れた。
だから、メディアも含めた五輪歓迎にも、とても賛成する気分になれなかった。
 そして今、コロナ禍となり、政府の無策もあっていまさらながらに
「できるのか《「中止すべき《の声が大きくなっている。
 あと2ケ月少々の時間などあっという間だろうが、政府は、東京都はいつどういう判断をするのか?
 幻のオリンピックとなるほかないのでは?としか思えないのだが…遠からず結果は分かる。
  <


 (牛たちは)人間が条件上利地域と呼んでいるような山際のところとかで、十分幸せに暮らしていける。そのお乳で人間は生活も出来るし、環境保全しながらそこで食料を生産するサイクルが出来たら、日本が海外の飼料を買うことでちょっと燃料が上がったり、ちょっと穀物がバイオエタノール燃料に流れたりするだけで農家が一気に経営で苦しんだり、環境負荷になったりするという要因が一つ減るわけじゃないですか。  たまたまなんです。たまたま牛を助けたくて、なんか必死にやっていたら新しい地平線が見えてきたんです。《 「普通は何百万かけて輸入した餌をあげてるけど、一方で使っていない冬の畑の雑草とか、木とか木の葉っぱとか笹とか食べて、人間も楽に、動物も幸せに、その他の自然の生態系バランスも整う方向はあると思うんです。無理なく負担なく循環していく、そういうモデルを生み出したいと思ってて。《
    「福島モノローグ《 いとうせいこう 著  WITH COWSから



好評 発売中です「里山の木の一生 樹木のすべて《


完成です! 「川づくりの変遷と江戸川シンポジウム20年史《


やりました!完成です! 「やさしいトンボ図鑑3《

増頁 増刷しました! 「江戸川・生きもの小図鑑2《



♪できた!!「坂川・清流復活と生きものたち《













更新履歴


メニュ-

5月の通信  行事予定  

 


刊行物 





ツィッター     フェイスブック  

 ブログ


現在休眠状態

掲示板     なすびの4コマまんが  あ~だこ~だと隠居同然の繰り言  江戸川あれこれ 戯れ言 覚書
リンク
 
魚ッチング ブックリスト

 リポート  
 

 

御意見・御感想等はこちらまでお願いします。

当サイトのデータすべての無断転載、転用を禁じます。