自然通信社のホームページへようこそ〜。

 
米朝首脳会談によって 朝鮮半島の非核化、平和が実現するかどうか?
 まだ実は一歩も踏み出したとは言えないようですが、それでも、一触即発の危機感
 が和らいだことは、とりあえず喜びたい。
 しかし、米朝首脳会談がかなり遠い出来事のように思えるのは、その後の
サッカーW杯の大騒ぎのせいでしょうか?当初の予想以上の健闘?で決勝戦進出となり
サッカー一色の大騒ぎによって、隠されたものが多いのではないかと不安が募ります。、
このところ西日本を中心に過去にないほどの大雨が長期に降り続き、
多くの被害を出してしまい、6月18日の大阪北部地震さえも過去に追いやる勢いの、
災害列島となっています。地球温暖化の影響なのか、自然災害の規模が巨大化し、
被害も深刻度を増す一方。この先、災害をどう防ぐか、どう自然と折り合いをつけていくか、
 考えるべきことは多い。そんな災害さえも利用したわけではないと思いたいが、、
オウム真理教事件の死刑囚が7名一気に処刑されたことは衝撃的でした。
 犯した罪は大きすぎるほど大きいが、事実解明も十分なされないまま、
死刑制度があるから、処刑すれば済む・・・という問題ではないような
 複雑な気分。世界では死刑廃止が定着してきているというが、日本は「仇討ち」的な
 国民感情が強く、死刑制度の支持が高いというが、もっと考える必要がありそうです。
懲罰的効果が疑われるということもあり、世界から疑問を呈される、異端の国となりつつあることも
 無視できない事実。「自分の頭で考え、疑り、苦しみ、闘うという主体的な営みの対極に神話はある」と
 辺見庸氏が指摘するのはちょっといい本で紹介した「この国はどこで間違えたか」の中の一言。
 どんな問題も、誰かにゆだねるのではなく、まず自分で考えてみたいとおもいます。  
<



第25回江戸川シンポジウムは 8月4日(土)午後、松戸市民劇場 大ホールでの開催です。詳細はこちら


好評 発売中です「里山の木の一生 樹木のすべて」


完成です! 「川づくりの変遷と江戸川シンポジウム20年史」


やりました!完成です! 「やさしいトンボ図鑑3」

増頁 増刷しました! 「江戸川・生きもの小図鑑2」



♪できた!!「坂川・清流復活と生きものたち」













更新履歴


メニュ-

7月の通信  行事予定  

 


刊行物 





ツィッター     フェイスブック  

 ブログ


現在休眠状態

掲示板     なすびの4コマまんが  あ〜だこ〜だと隠居同然の繰り言  江戸川あれこれ 戯れ言 覚書
リンク
 
魚ッチング ブックリスト

 リポート  
 

 

御意見・御感想等はこちらまでお願いします。

当サイトのデータすべての無断転載、転用を禁じます。