自然通信社のホームページへようこそ〜。

 
いよいよ今年も残り少なくなってきました。
 それにしても、国会は立法府の役割を放棄して、単に政府の追認機関となってしまった。
 まともに論議することなく、怪しげな法案を拙速に採決する。入管法の改正???に水道事業民営化、
 本当に「こんな国に誰がしたんだ」と問いたくなりますが、直接には首相をはじめ
主導する政府の責任とはいえ、どんなひどい政策でも無茶なごり押しでも一過性の反応に終わり
支持率は高い、つまりは判断力、思考力、想像力を欠いている国民の責任となりそうです。
もちろん、メディアの責任も大きいと言わざるを得ません。ニュース番組などで
「報道の中立性」を演出したいのか?政府と敵対するのを恐れてなのか、
与党批判をしつつも、締めに「それにしても野党もだらしがない」などとしたり顔で
まとめるコメンテーター、キャスターに、問題をはぐらかすなと言いたい。
 政府がきちんと政策に責任を持つ必要があるにもかかわらず、ずさんな法案を強引に通すなら
厳しい批判を行うのがジャーナリズムではないのか?
 テレビでも出版、ネットでも「日本の美化」が盛んらしい。さらに過去の負の歴史を
なかったことにする方々に、技能実習生問題、人権無視の労働者かき集めの入管法、更に
 難民へのひどい対応などをどう見ているのですか?と問いたい。つまり、植民地支配の
 負の歴史は、一つながりとなって今も現在進行形なのだと、気づくわけです。
 過去を清算しないまま、再び同じ過ちを繰り返すことになると危惧しています。  
<



好評 発売中です「里山の木の一生 樹木のすべて」


完成です! 「川づくりの変遷と江戸川シンポジウム20年史」


やりました!完成です! 「やさしいトンボ図鑑3」

増頁 増刷しました! 「江戸川・生きもの小図鑑2」



♪できた!!「坂川・清流復活と生きものたち」













更新履歴


メニュ-

12月の通信  行事予定  

 


刊行物 





ツィッター     フェイスブック  

 ブログ


現在休眠状態

掲示板     なすびの4コマまんが  あ〜だこ〜だと隠居同然の繰り言  江戸川あれこれ 戯れ言 覚書
リンク
 
魚ッチング ブックリスト

 リポート  
 

 

御意見・御感想等はこちらまでお願いします。

当サイトのデータすべての無断転載、転用を禁じます。