「自然通信」




「自然通信」は90年11月より毎月刊行しているミニコミ誌。
自然環境に関する話題を独自の視点で紹介。
千葉県東葛地方をフィールドにしつつも、
全国の動向を視野に入れて編集、
真面目に楽しく環境を考えたいと試みているつもりです。
刊行目的として、「身近な自然の大切さを知ってもらいたい」、
さらに「各地で活動するグループとの交流、連携を計りたい」
との思いがある一方で、単純に活字好きのアナログ派が
発信し続けているだけともいえます。
スタッフわずか2名の極小零細通信社。
調査生き甲斐の「とし」と万事にアバウトな「CT」の
凸凹コンビがあたふた作成しておりますが、
最近は体力の衰えに加え、記憶力減退、惚けも案じられ、
細々と続けて28年目、とりあえず350号を目指して、さて、どこまで続くやら?B5判 12頁
 




3種の鮒
 千葉県佐原市小見川町、水田の中の荒れた小水路で淡水魚、
  上からゲンゴロウブナ、ギンブナ、キンブナそろい踏み。
  ゲンゴロウブナは体高が高く横から見ると菱形のよう。
 ギンブナ、キンブナはマブナと称され、キンブナは準絶滅危惧種。






18年1月号




目次

☆三番瀬市民調査報告会

☆運河 魚調査4年

☆ヤナギ(マツ)タケ/最後のアキアカネ/ヤマイモ超デカをもらう/T小学校1年2年生授業す ほか

☆日本のトンボ/シオカラトンボ

☆としの観察日誌

☆地方の最悪川づくり⇒⇒魚のすめる川環境へ

☆横浜のホタル自生地 開発か保全か 攻防

☆トピックス

☆ちょっといい本 「バッタを倒しにアフリカへ」
         前野ウルド浩太郎著 (光文社新書)                              

                                 
                          



巻頭言/たゆまぬ活動が希望に!

 巡りくる新たな一年に希望はあるか。愚かな為政者が思い付きのような政策で世界を混乱に陥れ、しかし、なぜかそんな状況から改善も脱却もできずに、みな振り回されている。「まさか」と思うようなことが、現実になるのだから、今後何が起こるか予想もつかないと覚悟も必要そうだ。北朝鮮へ圧力をかけ続けるだけで問題が解決するのか?次の策をいくつも考えておかないと最悪の事態を招くことになりかねないと声を大にしたい。それだけでも十分問題なのに、エルサレムをイスラエルの首都として大使館移転などと無用な刺激に、世界は一層混迷を深める。だからトランプを大統領にしてはいけなかったのだが、さらにそのトランプと親密さを演出する安倍政権にも国民を地獄への道ずれにしないでくれと言いたい。そんなひどい状況ではあるが、結局、うろたえず、自分にできることを着実にやって行くしかないだろう。自然環境の保全には基礎データが必要、有無を言わせぬだけの調査データを積み上げていく、そんな地道な活動を続ける市民団体がいくつもあって、それはこれからの「希望」といえるだろう。





2018年
/ / / / / /
/ / / / / 1月号



過去の通信はこちら


☆「自然通信」購読御希望の方は、メールで購読希望と明記してお申し込みください。
年間購読料2000円(送料込み)です。

もどる